【プレパパ必見】妊娠初期の会話が今後のマタニティライフを左右する!?

妊娠ライフ

おはこんばんにちは。まこちんです。
子育てパパ道ということで、妻目線での夫にして欲しい事、してもらってよかった事を書かせてもらうことになりました。
体験談を交えながら書かせて頂きたいと思います。

こんな事を言っては他方から意見があると思いますが、私の妊娠は待望の子供というわけではありませんでした。
結婚して1年半、妊娠してもいいかなとは思っていましたが、仕事や経済面のことを考えれば、あと2~3年先かなと思っていました。
その矢先の妊娠発覚。嬉しい気持ちもありましたが、任されている仕事や経済面、自分に子育てが出来るのか等、不安な気持ちも大きかったです。
私の妊娠の受け入れは、パートナーである夫との会話が大切だったと思います。

どんなことがよかったかというと、、、
ひとつ目に、小さな事でも私に聞いて共有してくれたことです。病院に行く、職場に報告をする等小さな事でも夫が心配して共有してくれる事で、これから先2人で一緒に子供を育てていくんだ、この人なら一緒に子育てを引き受けてくれると感じられて安心できたと思います。
ふたつ目に、ポジティブな考えとそれを伝えてくれる事が良かったと思います。「男だったら、○○させたい。」「今産んだら、子供が運動始めたとき一緒にできるんじゃない?」等、夫が子供が生まれる事に対して前向きである事や楽しみにしている事が伝わってきて、私も嬉しく妊娠に対して前向きな気持ちになれたと思います。
みっつ目にはシンプルですが、やはり妊娠した事を嬉しいと思ってくれている事、それを伝えてくれた事が、子供を産みたいという思いに繋がったと思います。

最後に、
子供ができるという事は、2人の生活が大きく変わるという事です。妊娠しておなかが大きくなる女性はもちろんですが、男性にだって不安はあると思います。普段よりさらにたくさんコミュニケーションをとるように心がけて、楽しみや希望をゆっくり2人で話して共有することで、お互いに乗り越えていく覚悟ができるんじゃないかなと思います。

まこちんが描く子育て4コマ漫画

コメント